株式会社パイロットコーポレーション

Font size
a
A

【S】社会への取り組み

PRINT

基本的な考え方

当社及び当社グループは、事業活動を通じて、企業価値の向上を追求し、持続可能な社会の発展に貢献することが企業の社会的責任であると考えています。
当社の事業活動については、人々が安心して暮らすことができる社会が前提となって初めて成り立つものであると認識し、環境及び社会の維持・改善に向けて継続的に取り組んでまいります。

地域社会と共に

事業活動を通じた社会貢献活動

当社及び当社グループでは事業活動を通じた社会貢献活動を行っています。今後も製造・販売を通じてさらなる活動に取り組んでまいります。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへの支援

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのロゴとオリジナルキャラクター「ファンレイザー」をボディにデザインした商品を発売し、売り上げの一部をセーブ・ザ・チルドレンを通じて世界の子どもたちの支援活動へ充てる取り組みを2015年より行っています。

また、セーブ・ザ・チルドレンが新型コロナウイルス感染症緊急支援として国内で行っている「子どもの食 応援ボックス」に当社商品を提供しています。これは学校が長期休暇に入っている間の子どもたちの食の状況改善を目的に、経済的に困難な状況にある家庭へ食料品などを提供する活動です。文具への要望も多く聞かれたことから当社からは筆記具を提供しています。
当社では今後ともセーブ・ザ・チルドレンの活動をサポートしてまいります。

  1. セーブ・ザ・チルドレンは、1919年にイギリスで創設され、現在約120ヶ国で活動する子ども支援のための国際NGOであり、すべての子どもの"生きる・育つ・守られる・参加する"という「子どもの権利」の実現を目指した組織です。
セーブ・ザ・チルドレン デザイン商品
セーブ・ザ・チルドレン デザイン商品
子どもの食 応援ボックス提供商品
子どもの食 応援ボックス提供商品

文具専門店組織「パイロットプレミアムメンバーズ」限定商品販売による日本赤十字社への寄付

当社と取引先の文具専門店組織「パイロットプレミアムメンバーズ」では、2011年よりメンバー店限定商品を企画し、その売上の一部を日本赤十字社へ寄付する活動を続けています。
2020年までは東日本大震災の復興支援のために、2021年はいのちを救うさまざまな活動を支援するために寄付を行いました。

2021年油性ボールペン「TIMELINE for JAPAN」「TIMELINE for re-start」
2021年油性ボールペン「TIMELINE for JAPAN」「TIMELINE for re-start」

ピンクリボン支援活動

パイロットコーポレーション・オブ・アメリカでは、ピンクリボンを付けた商品の売上の一部を、乳がんの早期発見・早期治療・早期診断の大切さを訴える「ピンクリボン活動」の一環として国立乳がん財団に寄付をしています。またパイロット・ペン・ドイツにおいても、乳がん啓発団体・研究団体への寄付を継続的に行っています。

アメリカ市場で販売されているピンクリボン活動支援商品
アメリカ市場で販売されているピンクリボン活動支援商品

事業活動を通じた文化・教育の振興

「書く」ことと「教育」の間には密接な関係があります。また、教育は貧困との連鎖を断ち切る非常に有効な手段の一つであると考え、教育の振興に資する活動を各国で行っています。
当社グループでは、教育環境の向上と学びを支援する活動を各国で続けています。

JSEC 高校生・高専生科学技術チャレンジへの協賛

「JSEC(Japan Science & Engineering Challenge) 高校生・高専生科学技術チャレンジ」(主催:朝日新聞社、テレビ朝日)は未来の科学者の創出・育成を目的とし、日本の科学技術の将来を担う全国の高校生と高等専門学校生を対象にした、科学技術の自由研究コンテストです。さらにこのコンテストで優秀な成績を残した学生・生徒は科学技術研究の世界大会へ出場します。
当社からは優秀な研究作品へ「パイロットコーポレーション賞」を贈るとともに、この協賛を通して未来の科学者たちの学びの機会を応援してまいります。

JSEC 高校生・高専生科学技術チャレンジへの協賛1
JSEC 高校生・高専生科学技術チャレンジへの協賛2

北海道日本ハムファイターズ読書促進全道キャンペーン

当社は北海道日本ハムファイターズが2014年から行っている読書促進全道キャンペーン「グラブを本に持ちかえて」に協賛しています。道内で図書館を利用する児童の数や貸出冊数が減少する中、幼少期から読書の習慣をつけ学力向上につなげたいと企画されたものです。
キャンペーンは小学生を対象に夏休み期間中実施、目標冊数を読み終えた方に北海道日本ハムファイターズを通して当社製「ファイターズロゴ入りシャープペンシル」をプレゼントしました。

北海道日本ハムファイターズ読書促進全道キャンペーン1
北海道日本ハムファイターズ読書促進全道キャンペーン2

「書く」ことのをすばらしさを次代へ伝えるために

当社では「書く、を支える。」をテーマに企業広告を2006年より毎年、新聞に掲載しています。インキの濃淡や筆跡の強弱が美しい万年筆の文字を使い、「書く」ことの魅力や「書いて伝えたい気持ち」をイメージしていただける広告です。
これからも筆記具づくりを通して皆さまの「書く」を支えていけるよう、「書く」ことの大切さ、書くことでしか伝えられない手書きの文字ならではの温かさを、積極的に発信していきます。

「書く」ことのをすばらしさを次代へ伝えるために1
「書く」ことのをすばらしさを次代へ伝えるために2
「書く」ことのをすばらしさを次代へ伝えるために3

パイロット・ペン・フランスでは、子どもたちの筆記体習得を推進し、手書き文化の維持・推進を行っている団体「The Week of Writing」主催の、手書きを推奨するイベントへの支援を行っています。フランスでは小学校低学年から筆記体を書けるようになることが求められ、その際、筆記した文字がより見やすい万年筆が子どもたちに使われてきました。
この団体が主催する「あるテーマで手紙を書く」というイベントへの支援を通して、子どもたちへの学習支援はもちろんのこと、「書く」ことの機会創出と、手書きのすばらしさを伝えるための活動を積極的に行っています。

「書く」ことのをすばらしさを次代へ伝えるために4

パイロット・ペン・ドイツ クラス対抗コンテスト「Pilot 4 School」

パイロット・ペン・ドイツでは、ドイツとオーストリアの小中学校を対象に、生徒が多様性の重要性や一体感の大切さをより身近に感じることができる機会を提供する取り組みとして、クラス対抗コンテスト「Pilot 4 School」を行っています。
「Pilot 4 School」では、学校に通う異なる文化や言語、宗教、国籍などをもつ様々な生徒達が、一人ひとりの個性を尊重し、お互いの多様性を認め合うことの大切さを学ぶ“Yes to diversity!”をテーマにした、プロジェクトやキャンペーンの企画・実施を行います。パイロットはこの活動に教材として当社製品を提供しています。また、1年間の活動を通して優秀だと認められたクラスには賞金と「初めてのパイロット筆記具セット」のプレゼントも行っています。
2016年にスタートしたこの活動は、2020年では4回目を迎え、新型コロナウィルスの影響下でも700クラスの参加がありました。

パイロット・ペン・ドイツ クラス対抗コンテスト「Pilot 4 School」1
パイロット・ペン・ドイツ クラス対抗コンテスト「Pilot 4 School」2
パイロット・ペン・ドイツ クラス対抗コンテスト「Pilot 4 School」3

スポーツを通じた教育の振興

当社及び当社グループでは、子どもたちがスポーツを通して心身の成長や、異文化・チームワークなどを学ぶことのできる機会を応援しています。

湘南ベルマーレ青少年育成・教育事業へのサポート

オフィシャルクラブパートナー契約を結ぶ、湘南ベルマーレの青少年育成・教育事業へのサポートを通して、子どもたちがリーダーシップやチームワークなど、ライフスキルを身に付ける機会を応援し、地域活性化への取り組みを行っています。
これまでに、同チームがホームタウン地域で推進する「小学校体育巡回授業」や、「フットボールアカデミー」(U-18、U-15平塚、U-15藤沢、U-15小田原、U-18ガールズ、U-15ガールズ、小学生強化特待クラス)の活動へのサポートを行ってきました。
また、湘南ベルマーレ主催のU-11の小学生国際サッカー大会「COPA BELLMARE INTERNATIONAL TOURNAMENT」において、特別協賛企業として大会のサポートをしています。大会開催時には、ホームスタジアムに隣接する平塚工場を会場に、参加する子どもたちが筆記具の組立や和太鼓演奏などの日本文化に触れる機会を作るなど、子どもたちが言葉の壁を越えて交流する機会づくりを行っています。

小学校体育巡回授業の様子
小学校体育巡回授業の様子
COPA BELLMARE INTERNATIONAL TOURNAMENT
COPA BELLMARE INTERNATIONAL TOURNAMENT
フットボールアカデミー
フットボールアカデミー

海外でのPILOTサッカー大会開催

中東・アフリカ地域では現地代理店協力の元「PILOTサッカー大会」を開催しています。小中学生の心身の成長とコミュニケーション機会創出を目的に開催しているこの大会では、参加者には当社筆記具が、加えて優勝チームにはパイロットロゴ入りのサッカーボールがプレゼントされます。
サッカー人気の高い中東地域では、多くの地元小中学校やサッカーチームの参加があり、毎回試合後には当社筆記具を手に多くの子供たちの笑顔で溢れる大会となっています。

海外でのPILOTサッカー大会開催1
海外でのPILOTサッカー大会開催2

パイロット・ペン・シンガポール バドミントン大会スポンサー支援

パイロットペン・シンガポールでは、1990年代から学生が参加するバドミントン大会のスポンサーを続けています。
シンガポールでは、教育プログラムの活動の1つとしてスポーツが奨励されており、バドミントンはシンガポールで最も人気のあるスポーツの1つです。
PILOT Pen Cupは学生のための全国大会の1つであり、この大会を通じて学生の健康的な成長の機会を促進するためサポートを続けています。

またシンガポールのさまざまな人種の学生が参加するバドミントン大会、Temasya Badminton Pilot Penのスポンサーも続けています。 この大会を通じて、シンガポールでの多民族・多文化共生社会づくりの促進に貢献しています。

パイロット・ペン・シンガポール バドミントン大会スポンサー支援1
パイロット・ペン・シンガポール バドミントン大会スポンサー支援2
パイロット・ペン・シンガポール バドミントン大会スポンサー支援3

地域・コミュニティーと共に

当社及び当社グループでは各事業所や生産拠点があるそれぞれの地域において、地域の発展に寄与し、地域の皆さまに愛される企業を目指して様々な取り組みを行っています。

職場体験/工場見学

当社及び当社グループでは地域の方々やお客様とのコミュニケーション・当社への理解を深めていただく機会として、各生産拠点での工場見学を実施しています。
また、地域の学校と連携し工場での職場体験の受け入れも行っています。未来を担う子供たちに、身近な筆記具づくりの現場を見ていただくことで、当社を知っていただき、身近に感じていただくとともに、将来の夢について考える機会づくりのお手伝いをしています。

  1. 現在、工場見学については工場の立地する地域の学校等に限定させていただいています。
職場体験/工場見学後に寄せられた小学校からのお礼のメッセージ1
職場体験/工場見学
職場体験/工場見学後に寄せられた小学校からのお礼のメッセージ2

各地域イベントへの参加

当社及び当社グループでは事業所や工場が立地する各地において、地域や地元のイベント、清掃・景観保全活動等に積極的に協賛・参加しています。地域社会の発展と向上、つながりを大切にすることで地域との共生に努めています。

平塚工場が隣接する相模川河川敷での清掃活動・状況調査1
平塚工場が隣接する相模川河川敷での清掃活動・状況調査2
平塚工場が隣接する相模川河川敷での清掃活動・状況調査3

平塚工場が隣接する相模川河川敷での清掃活動・状況調査

湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナー

当社は工場が立地する神奈川県平塚市において地域支援活動の一環として、プロサッカークラブの湘南ベルマーレとオフィシャルクラブパートナー契約を結んでいます。
同チームが推進する青少年育成・教育事業を中心にサポートするとともに、湘南ベルマーレ限定モデルの筆記具の提供など、これからも地域活性化に取り組んでまいります。

湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナー1
湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナー2
湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナー3

関連コンテンツ