Pilot

パイロットは、あなたの「書く」を支えています。

その他の特集を読む

描くを楽しむワークショップ|♯1. クレオロールで「たからものの木」を作ろう<前編>

INTRODUCTION

クレオロールで、たくさん描こう 大好きなたからものや、将来の夢

 思い思いに絵を描き、“たからものの木”を創るワークショップに参加してくれた4才から6才までの子どもたち。なめらかな描き心地のゲルクレヨン『クレオロール』を使って、大好きなたからものをたくさん描いてくれました。これが子どもたちの「たからものの実」です。この実を『パイロット王国のこどもの木』に貼り付けると、木は子どもたちのたからものから力を得て、ぐんぐん大きく育ちます。
 たからものを木に実らせる準備もあと一息です!

STEP 1

大きな葉っぱをたくさん


一緒にお絵かきできて楽しいね


やわらかい緑色がとってもきれい


手に付いても簡単に落ちるね


色とりどりの“たからもの”が次々に生まれてゆきます

 太陽の光を浴びる葉っぱがあれば、こどもの木はもっともっと大きく育つはず。葉っぱは沢山必要だから、お母さんも手伝いました。

 クレオロールにはブリリアントやパステルなどさまざまな緑色が揃っています。「すごくなめらか」「力を入れなくてもすーっと描ける」とクレオロールの使い心地を口にするお母さんたち。「描いたところがベタベタしていない」「普通のクレヨンを使わせるときには、画用紙の下に必ず新聞紙を敷かないと心配だけど、クレオロールならそんなハラハラした気分がなくていいわね(笑)」「芯をしまえるからおもちゃ箱の中で散らばっても汚れないしね」

 描き上がった色とりどりの葉っぱもはさみで切り抜き、しっかり準備ができました。

STEP 2

大きな葉っぱをたくさん


お友達のくまさんを並べてあげる


カブトムシは木の幹にいるんだよ!


さあ、”たからものの木”完成です!

 子どもたちが作った“たからものの実”と、お母さんたちが作ったたくさんの“葉っぱ”。今度はこどもたち一人ひとりが順番に前に出て、自分の描いた絵を木の好きな場所に貼り付けていきます。出来上がった絵が木に貼られるたびに、「わ~」と子どもたちの歓声が上がります。遠慮がちにすみに貼る子、高い位置へと背伸びする子。思い思いの場所に貼り終わるとお友達の拍手を浴び、ちょっと照れながらお母さんのもとに帰ります。でも、自分の席から“たからものの木”を眺める顔は、みんなとても嬉しそう。
 さあ、最後はお母さんが作った葉っぱを貼り付けて、立派な木が完成しました!

みんなの夢が豊かに実りました。今日の記念に、パチリ!

 普段は子どもたちどうしで楽しむお絵かきも、今日は大好きなお母さんと一緒。「何を描こうかな?」と相談し、一緒に色を選びながら“たからもの”や“将来の夢”を語り合う楽しい時間が持てました。

 今日の記念に、写真をパチリ。この木に実った夢やたからものは、これからどんなふうに育つのでしょう。子どもたちが大きくなった将来、この写真を見ながら再び親子で語り合う時間が持てるといいですね。

STEP 1
お母さんの声 <ワークショップを終えて>

とても楽しい1日でした
 普段は家事に忙しいとき「机でお絵かきでもしていたら?」と言いがちなんです。だから今日は一緒に絵を描きながら会話もできたので本当に楽しかった。家にあるクレヨンはちょっと力を入れるとポキポキ折れますが、これはそんな心配がなくていいですね。

色の豊富さに夢中になったみたい
 家でお絵かきをするときはいつも居間のペン立てにある黒ペンを使うんですよ。夢中になると色鉛筆を出して色を塗り始めるんですが、クレオロールはとてもなめらかな書き心地で気に入ったようです。虫の羽をラメ色に塗ったりして、楽しかったみたい。

子どもにも使い易いから、親子で楽しめます。
 実は以前、文具店で気に入って自分用に買ったんです。ラメ入りの緑やピンクを手紙用に、お試し買いのつもりで3本だけ。でも今日、子どもにとってもとても描きやすいクレヨンだと再認識しました。クレオロールは服や机を汚さずにすむし、色もすごくきれいです。

Copyright (c) PILOT Corporation ALL rights reserved.