JEWELRY TOPL'or > QUALITY

Quality

1918年、PILOTが純国産万年筆を初めて製造して以来、長年に渡り培った高度な貴金属加工技術を結集し、地金の溶解加工から最終検査工程に至るまで自社工場による一貫生産で造り上げています。自社開発の特許素材「UHP」(ウルトラ・ハード・プラチナ)を鍛造技術でリングに加工する事により優れた耐久性を誇ります。また、リング内面にはそれぞれのデザインに適したなめらかな曲面仕上げを施してあり、スムーズな指通りと快適な装着感をもたらします。

UHP (ウルトラハードプラチナ)

当社が開発した高純度の新素材「UHP」(ウルトラハードプラチナ)と独自の貴金属加工技術の結晶でもある「ロル」。ブライダルリングとしての価値も然ることながら、ビッカース硬度Hv200という硬さを保持し、傷や変形に対して優れた耐久性を実現します。さらに、ダイヤモンドを際立たせるシンプルなフォルムは、長くご着用しても飽きがこないと自負しており「貴重なもの」を意味する「ロル」という名にふさわしいデザイン。それをこれからも変わらず創造することこそが、愛のしるし「ロル」の使命です。